■収穫期:11月上旬
■組み合わせ:(母親)ゴールデンデリシャス×(父親)印度
■育成者:福島県伊達郡桑折町の故 大槻只之助氏
■来歴:昭和27年命名
■大きさ:300グラム程度
■果形:長円〜長円錐形
■果色:緑黄色
■果肉:黄白色でやや硬くち密、果汁多い
■食味:微酸、甘味及び芳香が強い

当農園で収穫できるりんごと収穫時期

王林

黄王
■収穫期:8月末〜9月上旬
■組み合わせ:(母親)王林×(父親)はつあき
■育成者:岩手県園芸試験場
■来歴:平成7年品種登録
■大きさ:300グラム程度
■果形:円〜扁円形
■果色:黄色で光沢がある
■果肉:硬めで果汁が多い
■食味:甘酸適和
■貯蔵性があり、人気の高い品種です。

つがる

■収穫期:9月中から下旬
■組み合わせ:(母親)ゴールデンデリシャス×(父親)紅玉
■育成者:青森県りんご試験場
 (現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)
■来歴:昭和50年品種登録
■大きさ:300グラム程度
■果形:長円形
■果色:紅色に鮮紅色の縞が入る
■果肉:やや硬く、黄白色、ち密で果汁多い
■食味:甘み多い、食味良好
■DNA鑑定により近年、受粉親(父親)「紅玉」が特定されました。色、味、形とも最高のりんごです。

千秋

■収穫期:10月上旬
■組み合わせ:(母親)東光×(父親)ふじ
■育成者:秋田県果樹試験場
■来歴:昭和55年品種登録
■大きさ:300グラム程度
■果形:長円形
■果色:褐紅色に紅色の縞が入る
■果肉:黄白色でち密、果汁多い
■食味:甘酸適和
■秋田市千秋公園にちなんで命名されたそうです
収穫時期は青森では10月中旬、北海道では下旬です。

 大きさは350〜400g、長円形で、赤色の縞状に着色。果肉は白色で軟らかく、果汁が多いりんごです。
 暖地では着色が困難で、北海道並の気象条件下の地帯でないと、本来の着色は得られません。果実が大きく、豊産性で、開花期は主要品種とほ同時期です。

スターキング

■収穫期:10月中から下旬
■組み合わせ:(デリシャスの枝変り)
■育成者:(アメリカ・ニュージャージー州原産)
■来歴:昭和4年に青森県りんご試験場が導入
■大きさ:300グラム程度
■果形:長円錐形
■果色:黄色地に濃紅色の縞が入る
■果肉:黄白色、ち密で果汁多い
■食味:微酸、甘みにとみ、芳香が高い
■日本では昭和35年頃から増植されましたが、現在は新しい中性種の出現で減少しています。

ジョナゴールド

■収穫期:10月中から下旬
■組み合わせ:(母親)ゴールデンデリシャス×(父親)紅玉
■育成者:アメリカ ニューヨーク州立農業試験場
■来歴:昭和45年秋田県果樹試験場が初導入
■大きさ:350グラム程度
■果形:円〜長円錐形
■果色:黄色地に縞状に紅色が入る
■果肉:黄白色、ややち密
■食味:微酸で甘味、芳香がある
■独特の酸味からジュースなどの加工需要があり、中性種の代表的なりんごのひとつです

北斗

■収穫期:10月中〜下旬
■組み合わせ:(母親)ふじ×(父親)陸奥
■育成者:青森県りんご試験場
 (現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)
■来歴:昭和58年品種登録
■大きさ:400グラム程度
■果形:円形
■果色:黄色地に紅色の縞が入り紫紅色となる
■果肉:黄白色、ち密で果汁が極めて多い
■食味:甘酸適和
■栽培の難しさや色が悪い、中心部にカビが生えるなどの欠点がありますが、密がよく入り最高の味を持つりんごのひとつです。

陸奥

■収穫期:10月中〜下旬
■組み合わせ:(母親)ゴールデンデリシャス×(父親)印度(いんど)
■育成者:青森県りんご試験場
 (現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)
■来歴:昭和24年品種登録
■大きさ:500グラム程度
■果形:円錐形
■果色:緑黄色(無袋)、紅色(有袋)
■果肉:黄白色、硬くやや粗、果汁が多い
■食味:やや酸味があり、芳香がある
収穫期は10月下旬から11月上旬で、王林よりやや早く収穫できます。
メローは「熟して甘いとか芳香があってうまい」を意味する英語の「mellow」に由来するとのことです。
 陽向面でわずかに淡紅色になる黄緑〜黄色のりんご。大きさは、300g前後で中位、果実は円形〜長円形、果肉は黄白色で緻密、果汁が多く、甘味は高く、酸味が少なく、舌触りが滑らかです。有袋栽培をして光を遮った状態で成熟させた果実が販売されていることがあります。金色で糖度は低いのですが、食味のよい果実です。

ふじ

■収穫期:11月上旬
■組み合わせ:(母親)国光×(父親)デリシャス
■育成者:農林水産省園芸試験場東北支場(当時青森県藤崎町)
■来歴:昭和37年命名・登録
■大きさ:350グラム程度
■果形:円〜長円形
■果色:褐紅色の縞
■果肉:黄白色でやや粗、果汁が極めて多い
■食味:甘、酸のバランスがとてもよい
■りんごの代表格。品種名は、藤崎町にちなんで付けられました。

メロー